ディズニーリゾートでニコンD750 & 単焦点レンズ一本撮り!

今回はニコンD750で単焦点レンズAF-S NIKKOR 28mm f/1.8Gを1本だけでディズニーへ行った写真を紹介していきます。

単焦点なのでズームで寄ることも引くこともできません。

使える焦点距離はもちろんですが28mmのみです。

それでは行ってみましょう。

サクッとAF-S NIKKOR 28mm f/1.8Gを紹介

僕の撮影機材ラインナップの中でお手軽スナップレンズとして役割を果たしてもらっているニコンAF-S NIKKOR 28mm f/1.8G

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G フルサイズ対応 

28mmって画角ってホント好きなんです。何の気なしにボーっと視界に映る画角に近くて僕なんかは日常に記録を撮影することが多いからこの画角が使いやすいんです。

これより画角が狭い35mmや50mmとなってくるとどうしてもフレームの中に主役になる被写体が必要になってくるんですよね。何を撮りたいのか明確なものがないとどうも上手くいきません・・・。

僕の腕が下手なせいもありますが、50mmでスナップ撮影すると何を撮りたいのかよく分からない写真を量産してしまうんです。

あと28mmより画角が広い24mm以下とかになってくると構図を考えるのが難しくなってきます。28mmはパースもそんなにかからないので僕にとっては丁度いい画角となります。

ニコンD750の前はDXフォーマットのD7200を使っておりまして、キットレンズに追加するかたちで2本目のレンズとして僕のところにやってきました。

DXフォーマットのカメラでは標準域と言われる換算50mmだと定石ではDX版35mmの単焦点レンズを選ぶところですが、僕はFXフォーマットに見据えていましたのでこちらののレンズを選択しました。


D750と合わせて最強のスナップシューター

レンズが軽いので取り回しがいいです。どっしりカメラを構えなくてもいいので片手で撮ることもできます。重さはD750と合わせて1kgを少し超えるぐらい。24-70f2.8Eレンズ一本分とほとんど同じぐらいなんです。

f:id:hechima_papa:20180315110922j:plain

この見た目も可愛くて好きなんです。

一眼レフってゴツい印象ですが、この組み合わせだと撮られる側に威圧感を与えません。

気負わず撮影できるお手軽レンズ

まずはディズニーシー

f:id:hechima_papa:20180315115105j:plain

f:id:hechima_papa:20180315115414j:plain

f:id:hechima_papa:20180315115433j:plain

シャッタースピードを速めに設定してカメラを歩きながらガシガシ撮っていきます。

水平なんて気にしない。時にはノーファインダーです。

f:id:hechima_papa:20180315120837j:plain

f:id:hechima_papa:20180315121054j:plain

f:id:hechima_papa:20180315121856j:plain

あ、このケーキの写真はディズニーランドのキャンプウッドチャックキッチンの写真でした。最短撮影距離が0.25mと比較的短いのでテーブルフォトもお手の物。 

f:id:hechima_papa:20180315125913j:plain

f:id:hechima_papa:20180315124909j:plain

最短撮影距離が短いとこういった手に持ったものも簡単に撮れます。しかもレンズが軽いので片手でカメラを構えることもできるんですよね。

さすがは単焦点、F値が明るいので夜でも活躍

AF-S NIKKOR 28mm f/1.8Gはニコンがラインナップを強化しているF1.8単焦点レンズシリーズのひとつです。このシリーズは比較的安価なので敷居が低いですが写りは侮れません。

プロ仕様のF1.4シリーズはレンズ一枚一枚もさることながら、過酷な場所での使用を想定しているので作りも頑丈です。なので値段も高価ですし丈夫にするため金属もふんだんに使われているので重量も重くなっています。

F1.4が必要なければこのF1.8で十分役目を果たしてくれます。

f:id:hechima_papa:20180315130117j:plain

f:id:hechima_papa:20170828145029j:plain

f:id:hechima_papa:20180315130447j:plain

f:id:hechima_papa:20180315130210j:plain

28mmは広角レンズですが寄ればしっかりと背景をボカすこともできます。

f:id:hechima_papa:20180315130738j:plain

D750は高感度強いカメラなのでISO6400でも全く問題ありません。

薄暗いアトラクションでも問題無し!

遠い被写体は割り切る必要がある

28mmなので当たり前ですが広角レンズです。

どうあがいても遠いものは大きく写すことはできません。

ディズニーではパレード中のフロートに乗ったキャラクターを多く写すことはできないです。撮り方を工夫するとか割り切るしかないですね。

f:id:hechima_papa:20180316202709j:plain

ここで28mmで撮った超カッコイイパレード写真を貼ってバッチリ決めたかったですが写真がヘタクソでスミマセン・・・。

広角レンズでパレードを撮影するとなると、あらかじめどんな写真を撮ろうかイメージしておかないと28mmでパレードを撮るのは難しいと思います。


まとめ

f:id:hechima_papa:20180315105144j:plain

結構使い込んでいるので金色の文字が剥げてきてピントリングのラバーも白くなってしまいました。

今回はディズニーでの使用を紹介しました。遠いものを狙わない限り弱点は一切見つけることができませんでした。

記録写真って被写体を主役にするのがもちろんですが、その背面に映るものも重要です。

子どもの思い出の写真を撮っても背景がボケすぎてしまうと、一目でどこへ行った時の写真かわかりづらくなってしまいます。

シンデレラ城を背景に撮影したりディズニーでは何をバックに撮影するはずでよね。

28mmって主役だけではなく背景もしっかりと写し込むのに最適な画角だと思います。

ではまたっ!

▼今回の使用した機材

この記事へのコメント